クレジットカードの隠された使い方

クレジットカードの使い方

現代社会は、金回りがが幸福の度合いに直結するといっても過言ではありません。金回りが良ければ、生活に関する心配事は皆無です。

しかし逆であれば、今後の生活に対する不安・不満を抱えて生活することになります。幸福とは程遠い状態です。

しかし国内で利用できるクレジットカードを所有していれば、後者の状態から脱却することが出来ます。クレジットカードには、一般的に知られていない隠された使い方がある為です。それは現金化です。

専門の業者に依頼をすることで、キャッシング機能を使わずして、現金を得ることが出来ます。現金化の際には、キャッシング枠ではなくショッピング枠が使われます。仕組みは単純で、業者を介して買い物(カード決済)を行い、そのキャッシュバックとして現金還元を受けます。

幾ら申し込めるかは、ショッピング枠の限度額と当月残高に左右されます。所有するクレジットカードの利用状況がわからない場合は、契約している会社に問合せてみましょう。

またインターネットのマイページから確認できるサービスも登場しています。なお業者はボランティアをしているわけではなく、利用には手数料が必要です。

これは、現金化の際に用いられる還元率から逆算できます。申込み額が10万円で還元率が80%の場合は、100,000円×80%=80,000円が現金化され、差額の20,000円が手数料として徴収されます。

クレジットカード現金化ってどんなサービスなの?

クレジットカード現金化会社がユーザーに対して、キャッシュバックが付いた商品をインターネットで販売します。

ユーザーは事前に設定されているキャッシュバック率(還元率)に基づいて計算された現金を、あなたが指定する口座番号に送金するサービスになっています。

融資ではなくて商品購入であるクレジットカード現金化

支払いをするのはキャッシング枠ではなくてショッピング枠になります。キャッシングの場合は利息が20パーセント程度かかります。

一方のクレジットカード現金化であると比較的利息も低いです。クレジットカード会社への支払いも一回払いやリボルビング払い(リボ払い)・分割返済も選ぶことができます。

献金化一般的な相場としてはキャッシュバック率96%

この場合ならば利息は4パーセントですみます。迅速なサービスをするクレジットカード現金化会社の場合は14:30までに手続きをすれば、即日送金していただくこともできます。

もしも100万円が欲しいとしましょう。

クレジットカードのキャッシングを利用した場合、返済が5年後になるならば200万円以上返済しなければならないのです。元金の2倍以上を返済することになりとても厳しいです。

クレジットカード現金化会社を利用すればとても低い利息でピンチを凌げます。

たとえば……

友達ができちゃった結婚で急に祝儀を用意しなければならないケースならばどうします。一般的には3万円程度でしょう。財布にお金が潤沢にあればいいでしょう。

でも大抵の人たちは財布に10万円なんて入っていません。銀行も給料日前ならばお金がない。そんなピンチの場合どうしますか?

一般的な対応策

消費者金融を使う・クレジットカードのキャッシングサービスを使うことがひらめくでしょう。簡単ですが消費者金融を使う場合は面倒な手続きもありますし、できたら避けたいですね。

それよりも利息が高いです。20%ほどの高額です。少々極端な例ですが、200万円をキャッシングしたとしましょう。すると5年後には400万円返済しなければならないのです。月額にしたら4万円です。借金地獄になります。

結婚式のご祝儀程度ならばいいでしょう。ですが塵も積もれば山となるです。少額でもクレジットカード現金化を使う癖をつけておきましょう。クレジットカード現金化ならば還元率が95%のコースを選んだ場合、利息は5%でOKです。

今の時代にこそ必要、クレジットカード現金化

今の時代にこそクレジットカード現金化が必要

格差社会と言われるようになり、貧困化の人が増えています。自分は一流企業に勤務していて、高給取りだから貧困とは無関係なんて思っている人でも、仕事をリストラされたら貧困化してしまいますよね。

つまり、誰でも簡単に貧困化する可能性がある世の中になってしまったというわけです。お金がないという状況は、想像以上に大変な事です。明日食べるモノがない、給料日までにはまだ日にちがある。

そんな時に、誰か助けてくれる人の存在はいますか?友達がいても、友達には、格好悪くてお金がないなんて言えない人も多いでしょう。そんな時の救世主となってくれる存在がクレジットカードの現金化です。

クレジットカードは、社会人になれば、数枚ぐらい作っていますよね。そのクレジットカードを現金にする事が可能なのです。でもどうやって?と思うかもしれません。

実はクレジットカードの現金化を専門に行っている業者が存在し、その業者から言われたものをクレジットカードで購入するだけです。

還元率は80%ぐらいあり、金利は5%前後と考えると、困った時の非常手段として、使う事も検討してみてはいいのではないでしょうか?自分はお金に困る事なんてないから、クレジットカードの現金化のサービスを利用する事もない。

そんなふうに思っている人ほど、貧困化した際に対処出来なくなってしまうので、どんな状況でも耐える事ができる柔軟さこそ今の時代には必要だと言えるでしょう。

また貧困化して、仕事がない状態ではクレジットカードの審査に通らないので、余裕がある時にこそ、クレジットカードは作っておきましょう。

家計が悲鳴をあげたときにはクレジットカード現金化を利用してみては?

景気が良くない日本ですが、仕事をしている会社が潰れることもありますし、最悪の場合は生活費に困ることにもなりかねません。

家計が悲鳴を上げてしまう自体になることもあるのです。仕事探しをするのは当然ですが、当面の生活費がこまります。そんな場合に役立てたいのがクレジットカード現金化です。

光熱費を指定日までに支払わないとストップされてしまいます。クレジットカード現金化ならば少額でも調達できます。

クレジットカードのショッピング枠が残っていればいいのです。利用したその日のうちに現金を送金してもらえるスピードプランもあります。それならば光熱費だって支払えます。

還元率が高いクレジットカード現金化サービス会社を選ぼう

インターネットで購入したキャッシュバック付きの商品の代金は支払いをしなければなりません。普通ならば翌月に支払いがあるでしょう。還元率が良いところを選んでおくと支払いも楽です。

生活費だけではありません。

ローンの支払いがちょっとピントだとか、来月は給料が多いから今月はプチ贅沢をしたい場合でも利用できます。普段使いの現金調達手段としてクレジットカード現金化は重宝できます。誰にも知られることもありませんし、融資履歴に登録されることもありません。

現金を持ち歩かない人でもクレジットカード現金化で・・・

現金を持ち歩かない人にもオススメ

普段は現金をあまり持ち歩かない、そんな人も少なくないでしょう。クレジットカードやお財布ケータイなどがあれば、日常生活の中であまり現金は必要ではありません。

家賃や公共料金などもクレジットカードの引き下ろしという人もいるでしょう。その方がクレジットカードにポイントも付与されて、支払う手間もかからず便利ですよね。

しかしながら、急に現金が必要になる可能性はゼロではありません。例えば親戚のお葬式に参列する事になり、田舎に帰る交通費と、お香典など、まさかクレジットカードで支払う訳にはいきません。

そんな急に現金がいる際にも、実は役に立つのがクレジットカードなのです。もちろん、そのままではなく、クレジットカードを現金化する事で、現金を手に入れる事が可能なのです。

とにかく時間がない時に、手間や時間はかけられない。そう思うかもしれませんが、手間も時間もかからずに、最短でなら、10分もあれば手続きは完了するでしょう。

そして全ての手続きはネット上で行われます。これなら時間がない場合で、今すぐに現金が必要な場合にも間に合いますよね。ではやり方は?と思うかもしれません。

やり方は、業者によって少しづつ異なるため、まずはクレジットカード現金化をしてくれる業者をネットで探し、そのサイトの支持に従うようにして下さい。

普段現金は、持ち歩かないという人ほど、それならいざ現金が必要となった時に慌てなくてすむように、クレジットカードの現金化のやり方を調べておくと安心でしょう。

本当に時間がない時には、クレジットカード現金化をしてくれる業者選びに時間をかけられないので、事前に業者選びをしておく事をおススメします。

クレジットカード現金化のメリット

お金に関連する取引をする場合は、極力安全策をとりたいでしょう。そういった面で見た場合、クレジットカード現金化はどうでしょうか?とてもシンプルで若い安い方法であると結論付けることができるでしょう。

単純に考えればクレジットカード現金化は買い物です

クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるサービスです。クレジットカード現金化サービス会社が取り扱っているキャッシュバック付きの商品をネット購入するだけです。たったそれだけで現金を手にすることができます。

商品の決済はクレジットカード会社とのやりとり

クレジットカード現金化するお金はクレジットカード現金化サービス会社から受け取れます。ですが商品そのものの代金決済はクレジットカードとのやりとりです。普通のネットショッピングと変わることはありません。安心できるでしょう。

クレジットカード現金化の取引そのものは買い物です!

消費者金融で融資をしてもらうような審査はありません。収入証明書や源泉徴収票を提出することもないのです。必要以上の個人情報を出すこともないのです。

シンプルでスムーズな手順

オフィシャル・ウェブサイトや電話でクレジットカード現金化サービス会社へ申し込みます。担当者は希望額を現金化するための商品を案内してくれます。その商品をオンラインで購入して決済すればOKです。ユーザーは現金の振り込みを待つだけです。

中には30分で入金するクレジットカード現金化サービス会社もある

ユーザーとしては一刻も早く現金が欲しいでしょう。迅速なクレジットカード現金化サービス会社を選びましょう。

クレジットカード現金化は簡単にできる

簡単にできるクレジットカード現金化

例えば消費者金融のキャッシングは、誰でも審査に通るわけではありません。お金が必要でも、審査に通らなければ、お金を借りる事ができません。

しかしクレジットカードさえ所有していれば、クレジットカードの現金化によって、現金を手に入れる事は可能です。クレジットカードは、消費者金融ほど審査基準が厳しくありませんし、何よりもあると便利なので、誰でも数枚ぐらいは所有しています。

そして肝心な事はクレジットカードの現金化はクレジットカードのキャッシング機能ではなく、ショッピング機能だという点です。意外とショッピング機能は盲点で、使っていなかったという人がいるでしょう。

だからこそ、いざという時のために、お金を手に入れる手段として、クレジットカードの現金化の方法を知っておく事はある種の保険となります。

もっとも手続きに難しい事は一切なく、自宅にいながら、業者の支持に従えば、即日中にでもお金を振り込んでもらえます。

しかも、お金の返済方法は、ショッピング枠を分割にしておけば、それほど金利も高くなく、金額的にも負担は少ないはずです。

ただし、簡単に現金化ができるからと、気軽な気持ちで使ってはいけません。本当に急な出費が必要な時にショッピング枠の上限まで買い物をしていたら、使う事ができません。

人生何が起こるかなんて誰にも分かりませんから、いざという時のために、保険は残しておく事こそがリスク管理だと言えるのではないでしょうか?

それに気軽にお金を借りれても、結局借りたお金は返さなければいけない借金なので、借金はないに越した事ありませんよね。

融資を断られても現金化なら問題なし

クレジットカードを現金化するに至った経緯は、融資の断わりでした。僕は過去、半年ほど携帯料金を払っていない時期があって・・・それが信用情報を傷つけたらしく、それはもう見事にバッサリ断わられました。

幸い、利用できるクレジットカードが手元にあったので、それでお金を工面することにしました。現金化をする際は、専門業者に依頼する必要があります。どういった条件で、幾ら手元に入るのかは業者により異なるので、しっかり調べて下さい。

なお現在、還元率の相場は80%前後みたいです。僕は30万円の現金化を申込み、手数料を差し引いた24万円(30万円×還元率80%)を振り込んでもらいました。申込みから振り込みまで、要した時間は2時間ほど。

僕は初回の利用だったので少し時間が掛かりましたが、2回目以降は最短5分で受け取れるそうです。現金化の利点は、なんといっても金利が低いことです。ショッピング枠の金利は5%前後、これがそのまま適用されます。

返済というか支払いは、業者ではなくカード会社にします。業者はあくまでも仲介役で、現金化の後は無関係です。なので返済に関するトラブルの問合せも、こちらに行います。ちなみに、分割払いやボーナス一括払いも問題なく利用出来ますよ。

現金化の手続きはすべてインターネットで可能

クレジットカードを現金化する手続きは、すべてインターネットから行えます。なぜなら、インターネット出店の業者が半数を占めるためです。

しかし氏名や住所をはじめ個人情報を送信しなければならないため、セキュリティ面に不安を感じる場合は、店舗へ出向いてください。この場合は窓口で申し込み、対面形式で手続きが進行します。

入金に要する時間は、申込みの内容によって異なります。即日対応の業者を利用し、且つ当日中の入金を希望すれば、その日のうちに現金を受け取れます。

本人確認が必須の初回は1~2時間程度、2回目以降はそれが省かれるため最短10分で完了です。指定をしなかった場合は、業者指定の時間(概ね一週間)を待つことになります。

この際に注意したいのが、還元率の扱いです。殆どの業者は即日を低く、業者指定の期間を高く設定しています。

待つだけで還元率が5%近く上昇することもあるため、少しでも多く現金が必要な場合はご検討下さい。さて、現金化は受け取ったら終わりではありません。

クレジットカードで決済した額だけ、しっかり支払いましょう。支払いはクレジットカード会社に行います。

業者が取り扱うものはあくまでも物販であり、融資ではないためです。便利な分割・リボ・ボーナス一括払いも使えるので、無理のないペースで支払っていきましょう。なお金利は5%が適用されます。

クレジットカード現金化!最短で30分も可

最短でも可能で便利

現金が今すぐ必要となった時、あなたには現金を手に入れる手段がありますか?消費者金融も最近は審査時間も早く、自宅にいながら手続きができるようになりました。

しかし、それでも申し込みの時間帯によっては、振込や審査は翌日になってしまうケースも少なくありません。それだど、今日中にという目的を果たす事ができません。

ですが、クレジットカードの現金化なら、クレジットカードさえあれば、簡単に現金を手に入れる事が可能です。ネットを通してのやり取りになるので、自宅にいながら行う事が可能です。

しかも、時間も最速の場合だとわずか30分程度で現金化が可能です。その速さの理由は、クレジットカードの信用によるものです。クレジットカードを作る際に、クレジットカード会社による審査が行われていますよね。

そのため、クレジットカードの現金化の際に業者が改めて審査を行う事はしません。だからこそオールフリーで現金を手に入れる事ができるのです。

しかもクレジットカードのショッピング枠ですから、扱いとしてはただ買い物をしただけで、誰にも借金をしたとバレる心配がありません。

金利に関しても消費者金融で18%の金利を支払って返済をするのとは異なり、金利はショッピング枠の分割であれば、せいぜい5%前後と非常に低金利でお金を借りる事が可能です。

もし、あなたが急ぎでお金を必要としているという場合、このクレジットカードの現金化の存在を知っているかどうかで雲泥の差になるでしょう。

もちろんクレジットカードを新規で作る際には、そんな説明をするカード会社はありませんから、この機会にクレジットカードの現金化の存在を知ってラッキーだと言えるでしょう。

現金化は実はキャッシングよりもお得な機能?

クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能の2種類の機能が備わっています。急な現金が必要になった時に、多くの人はキャッシング機能を利用するでしょう。

しかし、場合によってはショッピング機能の方がお得になるかもしれません。なんで?そう不思議に思う人もいるでしょう。

そもそもその前に、現金が必要なのに、買い物をしている場合ではない。そんなふうに思うかもしれません。しかしながら、クレジットカードの現金化という方法があります。

この方法の場合、業者の契約し、業者が指定するモノを購入し、それを買取してもらう事で現金を手に入れる事が可能です。表面上はただ、買い物をしただけなので、自分が借金をしているという履歴が一切の残らないのが魅力です。

また、表面上は買い物をしたわけで、クレジットカード払いにしてあるので、ポイントも貯まるというわけです。ポイントだって、コツコツ貯めれば、かなりお得になりますよね。

お金に余裕がないからこそ、できるだけお得な方法を覚えておく事は損にはならないでしょう。現金が必要だからキャッシングと安易に考えずに、今の状況ではキャッシングサービスとクレジットカードの現金化とどちらがお得になるのか?

総合的に考えてから、お得になる方法を選ぶようにして下さい。他にも消費者金融でキャッシングしていて総量規制を超えているなんて人でも、ショッピング枠であれば、総量規制にひっかからない抜け道だと言えるでしょう。

他ではお金が借りれないという状況でクレジットカードの現金化は可能というのは非常に心強い存在ですよね。

クレジットカード現金化で間違いやすいところ

現金を返すのはクレジットカード会社であることです。クレジットカード現金化会社ではありません。クレジットカード現金化会社に返すとダブルの返済になります。

クレジットカード現金化会社が指定する還元率が設定されている商品を購入する方法です。例えば、還元率が95%の商品を購入するならば5%が手数料(利息)として差し引かれ残りが送金されます。

支払いはクレジットカードからの請求に基づきます。このときに一括払いであれば、ユーザーが負担する手数料(利息)だけです。

しかしながらリボルビング払い(リボ払い)や分割払にすれば余分に利息がかかります。このことを説明していないことが多いです。注意していただきたい部分です。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法(クレジットカード現金化)とは?

クレジットカードのショッピング枠は通常は食事代金を支払ったり物を購入したりするときに使います。最近は現金に交換することもできるようになっています。

クレジットカード現金化会社が指定するキャッシュバック付きの商品(書籍などが多い)をインターネットで購入してクレジットカードで精算します。そしてキャッシュバックの金額をあなたの口座番号に送金してもらう流れになります。

クレジットカード現金化会社は合法なのか?

クレジットカード現金化会社って合法なの?

これだけ大々的にコマーシャルをしているので違法ならば取締をされるでしょう。クレジットカードをどのように利用するのかは、持ち主の裁量に委ねられています。

法律で規制するわけにはいかないみたいです。商取引ですから民事不介入なのです。ですがクレジットカード会社によってはクレジットカード現金化を利用した場合は、取引を中止させるという強硬手段にでているところもあります。

そういう意味ではグレーな部分もあるのでしょう。

貸金業法が改正されて融資の世界は環境が激しく変化しています。

総量規制の問題もあります。そんな中で注目されているのがクレジットカード現金化です。最近できたサービスかと思うかもしれません。実際には7年ほど前から誕生していました。

クレジットカードを持っている人はとても多い

消費者金融を利用しなくてもクレジットカードは持っています。お金持ちならば消費者金融を利用することなどありません。でもクレジットカードは必須です。

レンタルDVDやショッピングセンターでもクレジット機能付きのカードをすすめられるシーンは多いでしょう。希望しなくてもクレジットカードの保有数は増えていきます。

そんな世の中になっているのです。上手に利用すればポイントが付いたりとお得な場面も多いです。

スポーツ新聞でクレジットカード現金化がでてきたのは6年から7年前です。

その当時はクレジットカード現金化会社も少なかったです。宣伝広告の文言も遠回しではっきりしまいものでした。

アンダーグラウンドの商売という雰囲気でした。その後、クレジットカード現金化会社がどんどんと誕生してきました。それだけのニーズがマーケットにあったからでしょう。今や市民権を得て合法的になっているようです。

総量規制をオーバーしている人は

消費者金融のキャッシングサービスには、総量規制という法律があります。この法律の中身は、自分の年収の3分の1以下の金額しかお金を借りる事ができないというものです。

つまり年収が300万円の人であれば、最大で借入金額は100万円となり、それ以上は絶対に借入できません。

もちろん、これは自己破産などをしないための処置ですが、それでも状況によってはすでに借金で総量規制の枠組みを超えてしまっていても、さらにお金が必要だという状況の時もありますよね。

そんな時にも法律上、消費者金融では借りる事ができないから、法律なんて関係ない無法地帯の闇金でお金を借りようと考えるのはちょっと待って下さい。

闇金にお金を借りれば、もうあなたの人生は終わってしまう、それぐらい危険な行為だという事を自覚して下さい。それにまだ総量規制をオーバーしても、闇金以外にお金を借りる方法が残っています。

それはクレジットカードの現金化です。簡単に言えば、クレジットカードのキャッシング枠を利用して、限度額まで買い物をし、その買い物を買取してもらい、そして現金を手に入れる事です。

買取に関しては、電化製品などを購入し、自分でリサイクルショップなどで売るという意味ではありません。ちゃんとクレジットカードの現金化を専用に行っている業者が存在し、その業者が指定するものを購入して、買取してもらうのです。

そのためリサイクルショップで買取してもらおうとすれば、使っていなくても新品を中古価格としての買取になり、買い値の半額で買取してもらえればいい方ですが、業者の還元率は75%から95%ですから、業者で現金化する方がお得だと言えます。

確実性は現金化>消費者金融

貸金法の改正後、消費者金融から借金を断られる人が増えました。主な原因は『総量制限』で、簡単に説明すると、年収の三分の一以上を借入れることが出来なくなったのです。

この総量制限は、一社の消費者金融に対して適用されるものではありません。借入れ先のすべて(A社、B社、さらにクレジットカードのキャッシング機能ほか)に適用されます。

こうした背景があり、クレジットカードの現金化は依頼件数が増加を続けています。継続して依頼する人も多く、その需要は計り知れません。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を活用して現金を得る手法です。専門の業者を通じて買い物を行い、そのキャッシュバックサービスとして現金を振り込んでもらいます。

目的はどうあれ行為は“買い物”であり、貸金法の影響は受けません。総量制限がなければ、審査・保証人・担保も不要であり、また金利はショッピング枠のもの(5%)が適用されます。

申込みは、クレジットカードを所有する人、且つ当月のショッピング枠に残高があれば誰でも行えます。なお業者が取り扱うのは物販のみであり、返済(支払)には一切関与しません。返済は、通常の買い物と同様にクレジットカード会社へ行います。

書類作成や審査などの煩雑な手続きが不要なクレジットカード現金化

一般的に融資を受ける場合には所得証明の源泉徴収票や過去3年間の確定申告書類など所得証明書類や印鑑などを要求されます。

煩雑な準備がネックになります。しかしながら、クレジットカード現金化会社を利用する場合はシンプルです。そんな準備は要りません。

クレジットカード現金化会社が指定する商品をネット購入するだけ!

キャッシュバックが付いている商品を購入するだけでいいのです。簡単に資金調達ができます。業者がお金を貸す方法ではないから手続きがシンプルなのです。

書類作成や審査などの煩雑な手続きが不要

クレジットカード現金化会社とのやりとりは「買う」ことだけです。準備しなければならないのは本人名義のクレジットカードと本人確認の身分証明書類だけ。特別な準備が不要であるのは大きなメリットです。

手続きがシンプルだから現金化するまでの時間も短い

早ければ申し込んでから30分で送金されるコースもあります。迅速に現金が欲しい時や忙しい時でも気軽に利用できます。

クレジットカード現金化いかがでしたでしょうか?
手続きをすることで現金のやりとりをするのはクレジットカード現金化会社が現金化するときの振込とクレジットカード会社が商品代金を請求して引き落としするだけです。誰にもお金に困っていることを知られることはありません。

現金化を円滑に行うためのポイント

現金化を円滑に行うためには?

クレジットカードを現金化する手続きは、業者の指示に従って行います。指示の内容は概ね共通していますが、申込み内容ごとに詳細が異なるため、その都度しっかり確認することが大切です。

前回とは異なる業者を利用する場合は尚のこと、怠りなく確認しましょう。業者ホームページから申込みの後、まずは折返しの連絡を待つことになります。営業時間内であれば、1~2時間もしないうちに連絡が入ります。

その中で指定された商品をクレジットカードで購入すれば、あとは入金を待つばかりです。半日~それ以上待っても連絡が入らない場合は、送信したアドレス情報に不備があったと考えられます。

この場合は、再度申込むのではなくサポートに問合せましょう。ツールは、即座に返答を得られるフリーダイヤルがおすすめです。入金の確認にはATMが便利ですが、それ以上にインターネット銀行が便利です。

ログイン出来る環境にあれば、メンテナンスを除きいつでも残高の確認を行えます。また各種手数料が格安で利便性に優れます。

開設・維持費ともに0円のため、今後も現金化をする予定であるなら開設をお勧めします。なお入金に要する時間は、申込み時の指定によって異なります。

即日を指定すれば当日中に入金されますが、指定がない場合は一週間前後を要します。また現金化できる金額は、クレジットカードのショッピング枠に左右されます。

当月の残高=申込み可能な額であり、残高がない場合は現金化を行えません。残高が幾らか不明な場合は、クレジットカード会社に問合せて下さい。

現金化は必要な額+αで申込む

クレジットカードで現金を得る際は、必要な額+αで申込みましょう。仮に、100万円の現金が必要になったとします。ご存じの通り、現金化の業者に依頼をすると、還元率をもとに手数料が引かれます。

還元率が80%であれば20万円、90%であっても10万円が引かれ、いずれも満額(必要な額である100万円)にはなりません。不安な方は「幾ら申し込めば、自分が必要とする額で受け取れるのか」を業者に問合せましょう。

優良の業者であれば、事前の見積もりにも快く応じてくれます。フリーダイアルを用意しているところも多いので、ご利用ください。

なお還元率は、現金化に要する期間によっても変動します。詳細な条件は業者により異なりますが、基本的に『即日ほど低く』『業者指定の期間(概ね一週間前後)ほど高く』設定されています。

仮に、100万円の現金化を申込んだとしましょう。即日指定で申し込んだ場合は、80%の還元率が適用されます。すると100万円×80%=80万円が入金され、20万円が手数料として差し引かれます。

しかし期限を指定せず申込んだ場合は、90%の還元率が適用されます。すると100万円×90%=90万円が入金され、手数料は上記の半分10万円に抑えることができます。

金額が大きいほど、還元率による損得は大きくなります。急を要さない限り、即日を指定する必要はないでしょう。

還元率に関係なく、返済(クレジットカード会社へ支払う金額)は申込んだ満額です。現金化の際は、この点も考慮しじっくりご検討下さい。

現金化業者のキャンペーンを活用しよう

どんなサービスであっても、サービスを上手に活用するためには、キャンペーンを利用する事です。それはクレジットカード現金化のサービスであっても例外ではありません。

クレジットカード現金化のサービスの場合は、キャンペーンで還元率が通常よりも高くなっているケースがあります。

普段であれば、75~95%が一般的な相場で、それ以上になると今度は悪質業者なのでは・・・と疑ってかかる必要があります。

しかしながら、キャンペーンの期間限定であれば、集客目的のために敢えて利益度外視して高い還元率で勝負しているので、こちらもそれほど警戒せずに、サービスを利用しても問題はないでしょう。

なぜ還元率が高い方がいいのかは、言うまでもないですよね。10万円の還元率が75%であれば、7万5千円しか現金化されません。

しかし、98%の還元率であれば、9万8千円が現金化されます。同じ10万円をつかって得られる金額で2万3千円も差がつくのは大きいですよね。使う金額が高くなれば高くなるほどこの差は大きくなりますから、還元率には拘って業者を探していきましょう。

他にも友達を紹介したら、還元率は3%アップなんてキャンペーンもあるかもしれません。ただ、お得なキャンペーンでもお金に関わる場合は、気軽に友達を誘いこまないようにしましょう。

丁度お金に困っている友達がいれば話は別ですが、そうではないのなら、お金を気軽に借りてしまった結果、お金にルーズになってしまい、次から次へとお金を借りて、最終的に自己破産に陥る人はゼロではありません。大切な友達はなくさないようにして下さいね。

クレジットカード現金化のデメリットについて

クレジットカード現金化を利用する前に、クレジットカード現金化にはデメリットもある事を理解しておきましょう。まずデメリットとは、即日現金可と書かれてある場合でも、クレジットカードそのものがなければクレジットカードの現金化はできないという事です。

ほとんどの人がクレジットカードを数枚所有していると思います。ですが中には現金主義でクレジットカードを使わない、そして以前作った事もあったけれど、期限切れして更新していないという人もいるでしょう。

現在使用可能なクレジットカードがなければ、クレジットカードの現金化は出来ませんし、クレジットカードを新規で作ろうと思えば、審査やクレジットカードが郵送で届くまでに早くとも1週間前後の日にちがかかり、とても即日で現金を手に入れる事は出来ません。

それからこれは滅多にある事ではありませんが、そもそもクレジットカードの現金化をクレジットカードの会社が勧めているわけではありません。カード会社にしてみれば、そのようなカードの使い方は不正規なものです。

ほとんどは見てみないふりをしてくれますが、中にはクレジットカードの現金化のためにクレジットカードを利用したとあからさまな場合は、クレジットカードの利用が出来なくなるケースもあるので注意して下さい。

そして一番厄介なのは、クレジットカード現金化の業者が悪質業者だった場合です。還元率も嘘、商品を購入したのに買取してくれず、現金化できないでは、いらない商品だけ手元に残り大損をしてしまいます。

そうならないように、急いで現金が必要なケースでも業者選びだけはしっかり時間をかけておこないましょう。

1カ月後クレジットカード会社から請求がある

「分割払やリボルディング払い(リボ払い)払いがたくさん残っているので利息の支払いを避けるために一括返済したい」「あちらこちらの消費者金融から融資を受けているが返済が煩雑になったのでひとつにまとめたい」借金をしていると支払い状況が複雑になってしまうことが、よくあります。

月末が不安になる!

いったい全体自分がいくら手持ちの現金を用意すればいいのかわからなくなるのです。お金が足りなくなるのではと不安に駆られます。そんな場合は金額によりますが、クレジットカード現金化を使って、一括返済したほうが有利なこともあります。

あちらこちらに借金があってもクレジットカード現金化ならば総量規制にもかかりません。

クレジットカードにショッピング枠が残っていればいいのです。それで利用することができます。しかしながら、ショッピング枠ですから金額はしれています。その限度額を借入額がオーバーしていたら一括返済は不可能。

クレジットカード現金化はキャッシュバックが特徴的

クレジットカード現金化会社からキャッシュバックがある商品をオンラインショッピングするだけで利用できます。クレジットカードでの支払いの前にキャッシュバックを受け取って現金を用立てします。

クレジットカード現金化は1カ月後のクレジットカード会社からの請求がある

これには備えておかなえればなりません。たとえば90%還元率のクレジットカード現金化会社で100万円の商品を購入したとしましょう。

すると90万円の現金が即日振り込まれます。100万円の請求がくるのが1カ月先になります。その間にリボルディング払い(リボ払い)払いや借入の分を返済して10万円支払っても得かどうかが利用の目安になります。

一括払いで返済した方がいい理由

クレジットカードの現金化が今注目を集めています。確かに消費者金融を利用するのは抵抗があるという場合でも、クレジットカードの現金化の場合はしている行為はクレジットカードのショッピング枠で買い物をして、それを買取してもらっただけです。

心理的抵抗が少ない状態でスタートできます。またショッピング枠の上限はそれほど高く設定している人が少なく、消費者金融のように多重責務、カード破産といった借金地獄に追われるケースも少ない点も支持される理由です。

さらに言えば、返済方法を一括払いにする事をおススメします。なぜ一括払いがいいのかというと、ショッピング枠で買い物をよくする人なら分かると思います。一括払いの場合は、利息がつきません。

つまり今現在お金がないけれど、請求書がくる来月には給料日がきているから、ちゃんと返済出来るというわけです。これなら消費者金融で高い利息を支払ってお金を借りるよりも、ずっとお得にお金を借りる事ができるでしょう。

注意点としては利息がないから、借りた金額だけ返せばいいと勘違いしてしまう点です。クレジットカードの現金化の場合、還元率が存在します。

これは購入した商品に対して、そのままの定価で買取するわけではなく、還元率の価格で買取します。

詰まり還元率が80%なら、クレジットカードの使用した金額の8割分の現金しか手に入らない事を意味しています。

そこに利息が加わってしまうと、下手すると消費者金融よりも高い利息がつくのと同じになってしまいます。だからこそ、一括で支払うのと、還元率が高い業者を選ぶ事は重要なのです。

信販会社は現金化に目を光らせている

現金化に目を光らせている信販会社

クレジットカードの現金化には、ショッピング枠が使われます。そのため、サインひとつで発行できる買い物専用のカードでも、現金化は可能です。

現金化の際は、信販会社を警戒して下さい。日頃とは明らかに異なる高額決済を行うと、信販会社から『不正使用』や『現金化』を疑われます。

日頃から高額の決済を行っている人は、特に問題ありません。通常通り処理されます。しかし月数千~数万円程度しか決済をしない人は、問合せに備えましょう。

ポイントは、冷静に対処することです。目的は現金化であっても、行為は買い物であるわけですから、堂々として下さい。

問合せの中で何を・幾つ・幾らで購入したか聞かれることもありますが、その際も堂々と返答しましょう。しかしながら毎月のように高額決済を繰り返せば、再び現金化を疑われます。

また現金化を疑われ易い商品(パソコン・家電・ライブチケット)は避けましょう。さらに店舗・インターネット問わず、同じ場所からの購入も控えたほうが無難です。

現金化は計画性が大切です。短期間に繰り返せば信販会社から疑いが掛かり、何かしらの調査が行われるかもしれません。

また現金化が必ずしもお得とは限らないので、場合によってはカード付帯のキャッシング機能もご検討下さい。

クレジットカード現金化利用の際にはトラブルバスターも利用しよう

手持ちのお金がないときに、キャッシングを利用する人も少なくありません。しかしキャッシングは借金であることを忘れてはいけません。

簡単にお金が手に入ることで借金をしているという感覚が薄れてしまうのでしょうか、いざ返済期日になっていろいろとトラブルになるケースもよく見られます。

キャッシングと並んで現金入手の方法としてよく利用されているのが、クレジットカードの現金化です。

これはクレジットカードのキャッシング枠の残りを利用して現金を手に入れるという方法なのですが、クレジットカード会社ではこの行為を認めていません。

法律に違反しているわけではないのですが、もし現金化がカード会社にバレると最悪の場合カードの使用を停止されてしまいます。

また、公けの機関でもクレジットカードの現金化についてはいろいろと注意を喚起しています。実際にさまざまなトラブルや問題が発生しているのが現状です。

とはいえ非常に便利なシステムなので利用したいという人はたくさんいます。だからこそ、そんなトラブルや問題から守ってくれるトラブルバスターを利用するといいと思いますよ。

業者選びのポイント

消費者金融でお金を借りる際に、複数ある消費者金融の中から条件や口コミなどを参考に1つに絞り込みますよね。それと同じでクレジットカードの現金化でも業者選びが重要です。

クレジットカードの現金化をした事がない人であれば、業者?とピンとこないかもしれません。クレジットカードの現金化とは、まず業者と契約をするところからスタートします。

業者と契約をし、業者が指定する商品を購入し、その商品を業者が買取りしてくれる事で現金が手に入る仕組みです。そしてその業者が消費者金融と同じように、複数存在し、それぞれ条件が違うという点です。

条件とは、現金を手に入れるまでのスピードだったり、商品を購入する際の還元率だったりします。特に還元率に関しては、それで手に入る現金の金額に差が出るので選ぶ際の重要なポイントとなってきます。

還元率は高ければ高いほどお得になるのですが、高すぎると今度は集客目的とした悪徳業者の可能性が出てきてしまいます。なので、80%前後が相場ですから、相場の範囲内で選んだ方が安心だと言えるでしょう。

また時間もスピードが速い方が助かるという人も多いかもしれません。ですが、それほど時間的に急いでいないという人の場合は、スピード重視しない方がいいでしょう。

なぜかというと、スピードを重視し、最短で10分などと謳ているところは、スピードでは速いですが、その分還元率が低いケースが多いためです。

後もう1つのポイントとしては、キャンペーンを行っているかどうかです。キャンペーン中なら普段よりもお得に現金を借りる事が可能です。

悪質なクレジットカード現金化業者に要注意!

悪質な業者に注意して下さい

クレジットカードの現金化は手軽に現金を手にできる方法として多くの人が利用しています。それに伴いたくさんのカード現金化業者が出現しており、インターネットをチェックすれば非常に多くの業者が見つかることでしょう。

手持ちの現金がないときや急な現金が入用なときに便利なクレジットカードの現金化ですが、慎重に利用しなければいろいろとトラブルにもなりかねません。

というのも、簡単に現金が手に入る手軽さから自分の収入の許容範囲を超えて利用するケースもしばしば見られるからです。また現金化業者の数も多くなったこともあり、中には悪質なところも少なくないのです。

期日までに振り込みがない、振り込み期日が遅れる、最悪の場合振り込み自体がないという場合もあるといいます。

さらに、一応クレジットカードの現金化はクレジットカード会社では禁止しているのですが、業者の管理が悪くてカード会社にバレてしまうなんてことも起こっています。

他にも、手続きの際の個人情報を得ることが目的といった業者も存在しています。上手く利用すればとても便利なクレジットカードの現金化なので、利用する際にはこういった点に十分な注意が必要ですよ。

悪徳クレジットカード現金化業者のせこい手口

悪徳業者の手口は多々ありますが、いずれも“せこい”ものです。特に顕著なのは、利用規約の記述でしょうか。ごく普通の規約と見せかけ、ページ下部にて極小フォントを使い条件を付けくわえる手口が目立ちます。

そのため申込みの前は、利用規約の本文のみならず、ページ内を隅々までチェックすることが大切です。本文内に、*印がついている箇所はありませんか。その印があれば、ページ内のどこかに補足が記載されています。

必ずしも、利用者に悪いことが記載されているとは限りません。優良の業者であれば、利用者により理解を得られるよう工夫しての記載です。いずれにせよ、目を通さないわけにはいきません。

もし、利用規約に怪しげな点や、不明点が見つかったなら、サポートに回答を求めましょう。納得できる回答を得られたなら、その業者を利用しても恐らく問題はないでしょう。

しかし納得できない回答であったなら、利用すべきではありません。現金化を申込んだ後は、流れる様に手続きが進みます。そのため、申し込んでから警戒するようでは遅いです。

悪徳業者の数は利用者が想像しているより遥かに多いことを忘れず、常に警戒を怠らないで下さい。

現金化を装った詐欺はどうやって見抜くか

キャッシングならわかるけど、クレジットカードの現金化って何か不安・・・そう思っている方はいませんか。その悩みはおそらく、悪徳業者が多いという評判があるからなのだと思います。

ひと昔前ならともかく、現在の日本において、現金化の業者はかなりクリーンになってきていると言ってよいでしょう。

良くない業者は数年のうちに業態を変更したり、つぶれたり、取り締まりにあったりなどして淘汰されてきています。それでもまだ不安という方には、どこをよく見れば悪徳現金化まがいの業者を見分けることができるのか、お教え致しましょう。

まず、インターネットで探している場合、サイトのいずれかの場所に、その業者の所在地や、責任者の名前などの情報が載っているはずです。

中にはいつから現金化の事業を行っているのかを記している業者もあります。そうした業者は老舗と呼んでよく、利率は他に劣るかもしれませんが、確実に現金化をしてくれる業者だと見てよいでしょう。

ネットに載っていない昔ながらの業者の場合は、電話で問い合わせした時の相手の口調に気をつけてみましょう。丁寧語や敬語できちんと応対しない、こちらの話を一方的に遮って話さないなどのことがあったら、疑ってみたほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化で失敗しないために経験談を利用する

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法(クレジットカード現金化)をしたいけれど不安が払拭(ふっしょく)されない人もいます。そんな場合は体験談を見てみるといいでしょう。

成功例と失敗例がありますが、役立つのは失敗談の体験談。どうして失敗したのか理由が分かればリスクを回避できるからです。

実際にあったクレジットカード現金化詐害にあったAさんの体験談です

Aさんはクレジットカードのキャッシング枠はすでに使い果たしていました。ショッピング枠だけは残っている状態です。

ある日、取引先の担当者の服を汚してしまうミスを起こしました。大口の取引先でVIPでした。すぐにクリーニング代とお詫びの慰謝料が必要になりました。大事な取引先です。すぐにでも現金を用立てる必要がありました。

消費者金融を利用するには気が引けた

そこで普段からスポーツ新聞で、目にしていたクレジットカード現金化を思いついたのです。すぐに業者に依頼をしました。

ですが、審査されて理由は分からないが落ちてしまい現金の準備ができませんでした。その業者は別の業者を紹介すると提案したのです。Aさんはそれをお願いしたのですが、高額な紹介料を請求されたのです。

典型的な詐欺です

クレジットカード現金化を利用して即日プランをお願いするのは差し迫ってお金が必要になるという状況。それを逆手にとって、さらに危機感をあおるために意図的に審査を落とします。紹介料をふんだくる手口です。こうった事案が実際に報告されています。

いかがでしたでしょうか?

体験談からいろいろと学べましたので整理しておきましょう。

  • 間違いのないクレジットカード現金化会社を選ぶこと
  • 紹介すると提案されても即座に拒絶すること

これだけ知っておくだけですが、かなりのリスクヘッジになります。

クレジットカード現金化会社の差

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用したキャッシュバックシステムです

それぞれのクレジットカード現金化会社によってキャッシュパック率(還元率)は設定されています。例えば次のような例です。50万円までならば93%。

51万円から100万円ならば96%。こういった具合です。高い率を設定しているところもあるり、それほど還元率が良いとは言えない会社もあるのです。

クレジットカード現金化会社の差

特徴的な面があります。オフィシャル・ウェブサイトで公開している還元率を見てみました。還元率が高いクレジットカード現金化会社は即日入金は不可能になっています。

90パーセントから96パーセントなど高い比率の還元率ならば即日入金は無理。ですが、還元率が80パーセントならば1時間程度で即時入金できるのです。

そんな対応をする会社もあります。ユーザーとしては即効性を取るか高い還元率を取るかです。

セーフティなクレジットカード現金化会社だけではありません。

利用したあとになって騙されていたことが発覚した事案もあります。詐欺をしていたクレジットカード現金化会社が摘発された事例もあります。

注意深く利用規約を読んでください。小さいフォントで意図的に可読性が悪くして騙し文句が掲載されていることもあります。しっかりと読み納得できれば承認ボタンを押してください。

いかがでしたでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠の利息と比較すると1/4程度で利用できます。しかしながら、すぐに返済しなければ利息は膨れあがります。注意しましょう。

そこそこの還元率が安全

クレジットカードを現金化するのであれば、還元率に注意しましょう。低い場合はもちろん、あまりに高い場合も注意が必要です。

  • 還元率が低い理由
  • 店舗を構えている場合は、様々な経費を確保せねばなりません。そのため業者の取り分が多い(還元率が低い)ことは多いです。

    しかしインターネット出店の業者であれば、単に利益重視か、操業下手と推測できます。いずれにせよ還元率が60%を下回る場合、利用は考え物です

  • 還元率が高い理由
  • インターネット出店であれば店舗は不要です。そのため経費を抑えることが出来、還元率の高さとして反映されます。

    また業界大手は“効率良く現金化する方法”を持っており、利用者により多く還元できる体制を整えています。70%~の還元率は良心的、90%以上は大盤振る舞いといえます。

  • 還元率が“あまりに”高い理由
  • 多くは、客寄せの広告です。広告通りの還元率で現金化するには100万円単位の申込みが必要であるなど、著しく厳しい条件が設けられています。

    クレジットカードの現金化はシステム上、92%以上の還元率だと業者に利益が発生しません。このラインが、悪徳業者を見極める目安になります。

なお還元率は、申込み金額だけでなく振込みに要する期間でも変動します。即日は低く、業者指定の期間(概ね一週間前後)を待つことでもっとも高くなります。

クレジットカード現金化の専門用語

クレジットカード現金化には様々な専門用語が

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法がスポーツ新聞などで、盛んに広告展開しています。

いろいろな専門用語があるので理解しにくい部分もあるでしょう。今回は【クレジットカード現金化の専門用語】についてまとめておきましょう。

ショッピング保険

クレジットカードを使ってショッピングをした場合に、商品に対して保険がつきます。これをショッピング保険といいます。

一部始終のクレジットカード会社に付帯してるサービスです。クレジットカード現金化をしたあと「勝手にクレジットカードを利用された」と虚偽の申請をする人がいます。保険金詐欺をする事件が絶えないようです。

システム金融

表にはでてこない闇金融の犯罪手口のひとつです。高金利で貸し付けている顧客の情報を別の金融会社に情報を流します。

支払いに困るタイミングをみて、あたかも別の業者が貸付を提案するのです。顧客はさらに高い借金を背負うことになり、借金地獄に落ちます。

買取屋

お金の支払いに困っているユーザーの足元を見る輩。融資の条件として顧客のクレジットカードを利用して換金性が高い商品を購入させます。

その商品を安値で買取ます。引換に融資を実行するというあらっぽい手法。業者への借金のみならず、クレジットカードの支払いにも追われることになる。

チケット金融

図書カード・新幹線のきっぷなど換金性の高いチケット類を利用した金融手法。業者は顧客にチケットを販売する名目で事前にチケットを渡します。

顧客は金券ショップで換金。支払いは後日になります。このときに手数料の名目で高い金利を支払わせられるのです。闇金融を利用しているのと同じです。

クレジットカードについて

クレジットカード発行に伴いチェックされること

クレジットカードを発行してもらうためには、各会社が設ける審査を通過せねばなりません。その際は“信用情報”をはじめ、様々な面からチェックが入ります。

借金があっても、誠実に返済を行っていれば審査を通過することは可能です。しかし返済が滞っている・複数の金融業者から多額の借入れを行っている場合は、返済能力に問題有りとして落とされます。

また、借金がなければ問題ないというわけではありません。光熱費や携帯電話料金をはじめ何かしらの滞納・不払いがある場合も、上記と同様、返済能力に問題有りと判断されます。

意外と多いのは、携帯電話の契約変更(他社への乗り換え)に伴う滞納・不払いです。審査に落ちた場合は、この辺りを重点的にチェックして下さい。なお専業主婦をはじめ申込者が無収入の場合は、配偶者の同意が必要になります。

またカード機能に一部制限が設けられるので、規約をはじめパンフレットの内容を熟読してください。トラブルが発生した場合は本人だけでなく、配偶者にもペナルティが課せられるためです。

基本的に、配偶者も含め一定の収入がある・各種支払いに滞りがない・信用情報にこれといった記載がない、以上三点を満たせば審査を通過します。

逆に、これらを満たしていないにも関わらず「発行できます」と言われた場合は警戒しましょう。相手は恐らく悪徳業者です。金銭面で信用ない人に発行して、どうやって徳を得るのか・・・少し考えればわかることです。

クレジットカードは二枚持ちが最強

一枚でも事足りるクレジットカードですが、もう一枚あると何かと便利です。例えば、光熱費をはじめ生活する上で必須の支払い用に一枚、娯楽費をはじめ毎月変化する支払い用に一枚という持ち方。

一目で生活状況を把握でき、また利用明細書をそのまま家計簿として扱うことが出来ます。会計管理が苦手、または杜撰である自覚がある場合は、このような二枚持ちがおすすめです。

昨今は年会費を無料とするクレジットカードが増えているので、所有枚数が増えても負担は生じません。またカードが二枚あれば、現金化をする際にも便利です。ショッピング枠を活用した現金化は、限度額+当月残高によって得られる額が決まります。

二枚のカードの内、一方に支払いを集中させておけば、一方のカードには常に余裕を持たせることが出来ます。

つまり現金化に必要な条件を、確保しやすくなるメリットがあるのです。しかしいずれの場合も、現金化は無理なく返済していける額に留めましょう。

キャッシングと異なり利息は発生しませんが、分割払いにした場合は、二回目の支払いから相応の手数料が発生します。

クレジットカードに関する用語

クレジットカード現金化を解説する際に、よく使われる用語をまとめました。不明な用語があれば、ご参照ください。

  • 与信枠
  • クレジットカード会社が、契約者に与える『利用限度額』を指します。契約者は、この範囲内で利用することが決まりです。

    買い物専用のものを除き、与信枠は『ショッピング』と『キャッシング』の二つで構成されます。しかしキャッシングはあくまでもオマケ程度の割り当てで、全体の半分以下です。

    そのため、与信枠の大部分を占めるショッピング枠を活用した、クレジットカード現金化が重宝されています。

  • ショッピング枠
  • 与信枠のうち、買い物をするために割り当てられたものを指します。前述の通り、クレジットカード現金化の際には、この枠を活用します。

  • カード手数料
  • ショッピング枠を使用して買い物を行い、支払方法を『一括』以外に設定した場合、請求される料金を指します。分割・ボーナス一括・リボルビング払いが該当します。

  • リボルビング払い
  • ショッピング枠を使用して買い物を行った際に、選択できる支払い方法のひとつです。分割払いに似ていますが、こちらは請求全体に適用され、毎月一定額を支払う内容です。

    一回辺りの支払いは少額で済みますが、負担が少ない分、元金はなかなか減りません。そのため『幾ら支払いが終わり、幾ら残金があるのか』しっかり管理することが重要になります。

現金化の最新ニュースはコチラ

メルカリでの現金の出品が大きく取り上げられ、現金化問題として指摘されるようになりました。現金の出品が禁止されてからも、Suicaであったり魚のオブジェなど、次々と現金化に繋がる物が出品されるようになり、いろんな手法が用いられているのです。

大きな話題となっているメルカリでの現金化問題ですが、普段から使っている人はもちろん、今まで利用したことがない人からも関心を集めています。では、具体的にどういった問題点が指摘されているのでしょうか。

そもそもメルカリでの現金化とは

メルカリは、いわゆるネットオークションを利用できるサービスであり、ヤフオクと並んで非常に高い知名度を誇ります。本来であれば通常のオークションと同じように、自分が売りたいと思っている品物を出品し、それを買いたいと思っている人が落札をするシステムなわけです。

ところが、一部でメルカリを現金化として利用する人もいたのです。ニュースに取り上げられる前までは、現金の出品は禁止されていなかったので、お金が欲しいと思っている人が現金を落札をするわけです。

ただ、メルカリで出品されている現金に関しては、例えば5万円であれば5万9千円の値段が付けられたりするなど、かなり割高となるのです。そのため、本来であれば明らかに損をしてしまうわけですが、すぐにでも現金が欲しいと思っている人にとっては、それでも落札して手に入れたいと思うわけです。

現金の出品が禁止になってからの状況

メルカリでの現金化がニュースに取り上げられたことで、運営側は現金の出品を禁止する措置を取りました。ただ、実際はそれによって現金化の問題が解決されたわけではなかったのです。現金の出品が禁止されたことで、今度は別のある物が続々と出品されるようになったのです。

そのある物とは、いわゆるSuicaのような電子マネーなのです。すでにお金がチャージされたSuicaを出品して、それを現金化として利用されたわけです。Suicaにチャージされたお金は、払い戻しを受けることができるため、実質現金を落札するのと同じようなシステムなのです。

ちなみに、Suicaの払い戻しは手数料の220円を支払うだけで可能ですし、預かり金の500円と合わせて払い戻されます。その際に、特に本人確認の手続きなどが行われるわけでもないので、誰でもできるようになっているわけです。

決してSuicaだけに限ったことではない

Suicaを利用した現金化が大きく取り上げられていますが、メルカリを詳しく調べてみると、何もSuicaだけに限ったことではないのです。PASMOのような交通系ICカードはもちろん、パチンコ屋の特殊景品であったり、他にも最新のゲーム機など換金性の高い品物は数多く出品されているのです。

出品する側からすれば、額面よりも大幅に高い金額で落札してもらうことができるため、メルカリに支払う手数料を差し引いても、利益を得ることが可能となるのです。したがって、個人だけでなく企業単位で行っているケースも多いですし、クレジットカード現金化を運営している業者が掛け持ちしている可能性もあるわけです。

もちろんこのような行為はマネーロンダリングとなるわけですが、少なくとも法的には明確に禁止とは言えない行為ですから、イタチごっこの側面が強いのです。

Suicaなどの出品が禁止されても抜け道を探す人が

その後、Suicaなどの出品も運営側は禁止したのですが、それでも現金化が途絶えたわけではないのです。さらに抜け道を探すべく、とんでもない方法を用いた人がいるのです。それが、魚のオブジェと呼ばれるもので、一見すると何のことかよく分からないと思います。

簡単に言えば、現金を折って魚のような形にして、あくまでも形式上は「魚のオブジェ」として出品しているわけです。もちろん、実際は現金を出品しているのと何ら変わらないのですが、カテゴリー上ではオブジェとなることから、すぐには運営側に見つからず、削除される前に取引が成立する可能性が高くなるのです。

もちろん、それ以外にもあの手この手で抜け道を探す人もいるわけです。それこそ、適当な商品を3万円で出品して、「今なら2万5千円をキャッシュバックします」といった形で、新たな手法を見出す人もいたりします。

現金化を完全に断ち切ることは極めて難しい

メルカリの運営者も、現金やSuicaを始めとして、現金化目的での利用を防ぐために禁止事項を設けてはいるのですが、完全に断ち切ることは極めて難しいと言えます。それこそ、現金化を匂わすような隠語を使ったりして、当事者同士のやり取りで話し合うことも可能なわけです。

クレジットカード決済を不可にすることも、ネットサービスでは現実的ではありませんし、出品できる物を限定するのも非常に不便になってしまいます。現金化だけに限った事ではありませんが、運営側が対応できることには限りがあるのです。

結局のところ、ネットオークションというサービス自体を廃止しない限り、100%完全に現金化を断ち切ることは無理だと言えます。法的にもグレーな部分が多く、まだまだ法整備が整っていないが現状ですから、これからも減少することはあっても無くなることはないと思われます。