Pocket

高い還元率と低い還元率イメージ

クレジットカードで幾ら現金を得られるかは、申込み額に適用される『還元率』によります。二つの差額は業者への手数料として扱われ、還元率が良いほど手数料は安価、悪いほど手数料は高額と評価できます。

そのため各業者は、いかに自社の還元率が優れているかを広告します。しかし、この広告には落とし穴があります。初見の印象を鵜呑みにせず、内容を隅々まで確認してから申し込みましょう。

大々的に広告された還元率は、業者が指定する条件をすべて満たした場合にのみ適用されます。しかしこれら条件は『申込み額×百万円以上に限る』など非常に厳しく、一般的な申込み内容にはまず適用されません。

還元率は、70%であれば標準的、80%であれば良心的、90%であれば大盤振る舞いといえます。60%を下回る場合は、申込みを控えましょう。

仮に10万円を現金化するとして、還元率が60%の場合、6万円は手元に入りますが、4万円を手数料として引かれます。全体の4割が手数料というのは、あまりにも高額です。

なお業者によっては、現金化に要する期間によっても還元率が変動します。即日ほど低く設定されているため、急を要さないのであれば適当な期間を設けましょう。その場合は最長で一週間前後かかりますが、もっとも高い還元率で現金化を行えます。

還元率が高いクレジットカード現金化の会社を選ぼう
現金化は専門業者に依頼する

時期を上手く見極めてお得に現金化

お得に現金化できる時期を見極める

クレジットカードの現金化は現金を手軽に手に入れることができるシステムとして多くの人が利用しています。
その方法はというと、自分名義のクレジットカードのキャッシング枠の残りを使って現金化業者からお金を手に入れるというものです。
クレジットカード現金化の人気に伴い取り扱う業者もどんどん増えている現状で、実際に利用しようと思った際にはどの業者がいいのかよくわからないという事態になりがちです。

業者選びの最大のポイントは「換金率」です。
この換金率が高いほうが手に入れられる現金は多くなるのですから、この点を押さえないわけにはいきませんよね。
だいたい80パーセント程度が一般的とされているのですが、中には90パーセント以上さらには95パーセント以上といった業者もあります。
もちろん換金率以外にもいろいろな条件にも注意しなければなりませんが、取り扱い時期によってもさまざまに変化することもあるので気を付けましょう。

お金を使う機会が多く、そのせいで利用者の増える夏休み頃や年末年始といった時期には多くの業者でいろいろなキャンペーンを行なうことが多いのです。
そういった機会を上手く利用すれば、もっと賢くお得に現金を手に入れることができますよ。

クレジットカードで現金を手に入れる方法

キャッシュバック付きのショッピングで還元率が95%ならば利息は5%で済みます

還元率と利息のパーセンテージイメージ

公園でぶらぶらしていると中年のおじさんと話をする機会がありました。おじさんはリーマンショックの影響を受けて、今は借金生活をしているらしいのです。バブル経済のときには、こんな不況が来るとは思ってもみなかったそうです。

年収はそれなりの年齢になると1千万円が普通の時代だったからです。けれども今は消費者金融の返済にビクビクしている毎日。予想外のことが起こり不安な毎日を過ごしているのです。

こんなことは誰の身の上でも起こりえる可能性があります。突然大金が必要になった場合はどうすればいいのでしょうか?そんな場合に助けになるのがクレジットカード現金化です。キャッシングを使うと利息が20%と高額ですが、ショッピング枠を上手に利用する方法です。キャッシュバック付きのショッピングで還元率が95%ならば利息は5%で済みます。これはとても大きいですね。リボルビング払い(リボ払い)をするのではなくて利息が増えないように返済するのが秘訣です。

現在、消費者金融の支払いで悩んでいる人は一度、クレジットカード現金化サービス会社に相談してみるべきでしょう。いかに安全なサービスなのかがご理解いただけると思います。
還元率が高いクレジットカード現金化の会社を選ぼう

関連記事