高い還元率と低い還元率イメージ

クレジットカードで幾ら現金を得られるかは、申込み額に適用される『還元率』によります。二つの差額は業者への手数料として扱われ、還元率が良いほど手数料は安価、悪いほど手数料は高額と評価できます。

そのため各業者は、いかに自社の還元率が優れているかを広告します。しかし、この広告には落とし穴があります。初見の印象を鵜呑みにせず、内容を隅々まで確認してから申し込みましょう。

大々的に広告された還元率は、業者が指定する条件をすべて満たした場合にのみ適用されます。しかしこれら条件は『申込み額×百万円以上に限る』など非常に厳しく、一般的な申込み内容にはまず適用されません。

還元率は、70%であれば標準的、80%であれば良心的、90%であれば大盤振る舞いといえます。60%を下回る場合は、申込みを控えましょう。

仮に10万円を現金化するとして、還元率が60%の場合、6万円は手元に入りますが、4万円を手数料として引かれます。全体の4割が手数料というのは、あまりにも高額です。

なお業者によっては、現金化に要する期間によっても還元率が変動します。即日ほど低く設定されているため、急を要さないのであれば適当な期間を設けましょう。その場合は最長で一週間前後かかりますが、もっとも高い還元率で現金化を行えます。

還元率が高いクレジットカード現金化の会社を選ぼう
業者選びは還元率70%以上を目安にしましょう
現金化は専門業者に依頼する

関連記事