現金が必要になった際には、クレジットカード付帯のキャッシング機能が役立ちます。しかし金利は20%と高額のため、返済の目途が立たない状態での利用は危険です。

また信用情報がもとでキャッシング出来ない、そもそもクレジットカードが買い物専用のタイプという人もいるかと思います。

しかしショッピング枠を活用した『クレジットカードの現金化』であれば、金利5%且つ上記いずれかの条件に該当する人であっても、利用が可能です。

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を活用した疑似的な借入れ行為です。業者を仲介して買い物を行い、その際に生じるキャッシュバックとして現金を得ます。

あくまでも“疑似的”な借入れ行為であり、表向きは買い物として扱われます。そのため貸金法の適用範囲外であり、信用情報をはじめ各種の影響は及びません。保証人や担保は必要なく、審査も行われません。

借入れ可能の額は、ショッピング枠の限度額によります。100万円が限度額であれば、上限いっぱいまで借入れることが可能です。しかし当月の残高が50万円であれば、50万円までしか借入れ出来ません。この点のみ、ご注意ください。

なお返済(支払)は分割払いが可能ですが、回数に応じて手数料が発生します。返済プランを立てる際は、金利に加えこちらも忘れずに加算しましょう。またボーナス一括払いも可能です。

関連記事