Pocket

最後の砦と言われる理由とは?

■クレカ現金化を目にするようになった……
スポーツ新聞を中心に広告展開しているクレカ現金化サービス会社。こういった会社は消費者金融とは違います。もともとクレカはショッピングをするカードです。利用することで商品やサービスを利用することはできます。直接現金を手にするような目的ではないのです。消費者金融とクレジットカード会社では業態も違います。信用調査機関も違いますし方法も異なります。

■クレカ現金化サービスは最後の砦
金策に困っている人や消費者金融の枠を使い切っている人は八方ふさがり。クレカのショッピング枠を利用した現金調達方法は最終手段でもあります。この手法を利用して現金の調達できれれば、随分と楽になるでしょう。

■クレカのショッピング枠は本来現金を引きだせない
実に簡単に現金化する方法があるのです。クレカ現金化サービス会社はユーザーに対して「ある場所である商品を購入する」ように指示を出します。一般的に多いのは金券・高級ブランド商品・家電製品です。カードによっては金券が購入できないこともあります。その場合は高級ブランド商品がメインになります。

■クレカ現金化サービス会社はその場で現金買取する
ユーザーはクレカで購入した商品と引換に現金を受け取る仕組みです。これでカードのショッピング枠が現金化されることになります。買取される金額と購入金額には差があります。これはロスになります。普通は85%程度のキャッシュバック率で現金化してくれます。
クレジットカードの現金化の取引には何の不安もいらない

金策の一形態として誕生したクレジットカード現金化は需要多し

クレジットカード現金化をする女性イラスト

こういったクレジットカード現金化サービス会社は従来は目立たない存在でした。
ですが最近は不況の影響もありお金に困っている人が続出しています。クレジットカード現金化サービス会社を利用する人も多くなったのです。
スポーツ新聞の広告欄を見ればわかりますが、いかにニーズが多いのがわかります。

■近頃ではネット決済するクレジットカード現金化が主流に!
従来はクレジットカード現金化する場合でも、実際にクレジットカードを業者に持ち込む必要がありました。業者の指示通り「金券」「ブランド品」「家電」などを購入して、その商品を買い取ってもらう手法です。
今はわざわざ足を運ぶ必要もありません。

インターネットでオンラインの決済をします。確認ができれば自動的にお金を指定した口座へ振り込んでくれます。とても手軽に利用できるのがクレジットカード現金化の人気に秘訣です。

■作業が早い理由とは?
クレジットカード現金化サービス会社はネット通販や情報販売する決済口座を持っています。
自社サービスを提供する代金を顧客のクレジットカードデータを利用して決済します。
実際にクレジットカード会社から決済代金が振り込まれるのは約1カ月後。クレジットカード現金化サービス会社はそれをまたずに立替払いをしてくれるのです。
銀行の営業時間ならば即日送金も可能です。

■クレジットカード現金化サービス会社から送られてくる商品とは?
表向きには何らかの商品を販売した建前が必要になります。
何も送付しないわけにはいけません。
郵送料が安い商品らしきものを数日後、届きます。
これは商品発送の事実をつくるためのものです。

キャッシングは金利が高額なので非推奨
クレジットカードの現金化の取引には何の不安もいらない

関連記事