Pocket

悪徳業者に注意しましょう

■クレジットカードのショッピング枠を利用した現金調達方法(クレジットカード現金化)を利用する場合は好条件で行いましょう!
しかし、還元率だけで判断するのは危険です。手数料に目を向けるべきです。還元率がどれだけ高くても送料や手数料によって、それなりの金額が引かれます。あなたが受取できる金額を比較することが大切です。手数料はひとつだけではありません。事務手数料とか送付手数料とか複数の場合もあるのです。

■クレジットカード現金化サービス会社を利用する場合に悪徳業者に要注意!
金融関連・キャッシング・不動産店悪徳業者の件数はとても多いです。こういったところの詐欺には引っかからないように用心してください。具体的にはどのような対策をすればいいのでしょうか?

■クレジットカード現金化を利用する場合に確認したい項目
1番目は創業年数です。
創業から5年以上が経過していれば老舗と言えるでしょう。基本的に問題がある会社ではないと判断できます。なぜならば、長期間、同じ会社名で悪徳なことはできないからです。安心して利用してもいいです。しかし、創業から1年未満のクレジットカード現金化サービス会社は注意をして欲しいです。

2番目は資本提携している会社のチェックです。
場合によっては、提携していない企業名を勝手に表記していることもあります。「おかしいな?」と思ったら、そのクレジットカード現金化サービス会社名と提携している会社名を同時に検索してみてください。
クレジットカード現金化にもデメリットが存在します
現金化を装った詐欺を見抜く方法って?

還元率で稼ぐ悪徳業者に気を付けよう

悪徳業者に注意

■クレジットカード現金化サービス会社による犯罪もある!
騙される人達は利用規約に掲載されている小さな文字のところを見逃しています。隅々まで読まなくても問題ないだろうと油断しているのです。その小さい文字にはクレジットカード現金化サービス会社に有利なことを記載しています。「還元できるのはこれだです」と明記しているのです。

ですがお金に困っている人は普通の精神状態ではありません。すぐにお金を用意しなければならないところまで追い込まれています。藁をも掴む……そんな思いでクレジットカード現金化サービス会社を使うのです。そんな人たちの気持ちを踏みにじります。とても悪質な手口です。

■還元率で稼ぐ悪徳企業
100万円程度の商品を購入してもらいクレジットカード現金化をしてもらうとしましょう。96パーセントで還元するのと50パーセントで還元するのは利益が違います。差額は4万円と50万円の差になります。とても大きいです。こういった悪質業者や悪徳業者は逮捕されました。ですがクレジットカード現金化サービス業界はこういうった影が潜んでいるかもしれません。

■詐欺に合わないようにするには……
詐欺のパターンは決まっています。利用規約に記載しているので悪い事はしていない。ユーザーはそれを承認してボタンを押しているのだ……こんな風にユーザーの油断を突いているのです。油断せずにキチンと利用規約を読むことで詐欺は回避できます。
キャッシングは金利が高額なので非推奨
クレジットカード現金化業者を利用する場合に悪徳業者に要注意!

関連記事